読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイティングスピリッツ

芸能界歴十年以上の元音楽プロデューサーが日々の真実を独特の視点で斜めに斬るブログ。


スポンサーリンク

長渕 剛 FUN音楽祭で政治を語る


スポンサーリンク

シンガーソングライター・長渕剛が7日、フジテレビで生放送された
「2016FNS歌謡祭 第一夜」に生出演。“イントロ”部分にマスコミや時代への批判を
込めたメッセージを組み込んだスペシャルバージョンの「乾杯」を披露した。

 歌い出しの「かたい絆に…」まで、ブルース調の魂の叫びが続いた。

 ギター1本の弾き語り。いきなり「アメリカの大統領が誰になろうとも…」で始まり、
「今日もマスメディアが正義の面(ツラ)して話している」「歌の安売りするのやめてくれ 
日本から歌が消えていく」「俺達の東北、仙台、俺達の九州、熊本、そして福島…
オリンピックもいいんだけどよぉ、若者の貧困どうする 地域の過疎化どうする 
騙されねえぜマスコミ」と歌い上げ、東京五輪の話題ばかりが取り上げられ、
貧困や地方の過疎化など、生活の問題が野放しになっていることを皮肉った。

 3分50秒のメッセージ部分が終わり、ブルース調にアレンジした「乾杯」が
始まった。最後は「はあっっ!」「はあっっ!」と叫び、ギターをかきならし、
「うぉ~ッ!!」と雄叫びを上げた。

 会場で“魂の叫び”を聴いた小倉智昭キャスターは
「長渕さんの言葉、身にしみました」としみじみと話した。


さて批判されたマスコミはこのアーテストを本日どうTVで取り扱うか?

無かった事とする確信部分に触れずにお茶を濁して別の話題かな?


長渕剛が批判している(騙す報道局)を今後も続けるのかな?


彼は愛国者だね
粋な歌手だよ
長渕剛は、ギリギリのラインを渡って、国民の言いたいことを代弁してくれた
その放送を許した番組プロデューサーも偉い
だが、これで満足してはならない
メディアの変革がそこにあると教えてくれた
この魑魅魍魎なシステムが瓦解している今、我々は行動しなければならないだろう
チャンスは二度とはないのだからね

 

広告を非表示にする