読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイティングスピリッツ

芸能界歴十年以上の元音楽プロデューサーが日々の真実を独特の視点で斜めに斬るブログ。


スポンサーリンク

王陽明の時代背景と生い立ち


スポンサーリンク

王陽明(おうようめい、 成化8年9月30日(1472年) - 嘉靖7年11月29日(1529年1月10日)は、中国の明代の儒学者、思想家です。
 また別の職業として、科挙に合格した官吏でもありました。江西巡撫や南京兵部尚書などの高官(検察庁長官のようなもの)の職を歴任し、地方の農民反乱や匪賊の横行に対して、民兵を組織してこれらをことごとく鎮圧したりもしました。
 朱子学を批判的に継承し、読書のみによって理に到達することはできないとして、仕事や日常生活の中での実践を通して心に理をもとめる実践儒学陽明学を起こしました。その時代背景や、王陽明はどのような生涯をおくったのか、紹介します。

 

【時代背景】
 
 王陽明の生きた時代は、明の時代で最も政治が乱れた時代でした。一番治安の悪い時代でしたから反乱あるいは農民の一揆を鎮圧する、異民族の進入をくい止める、そういう仕事に王陽明は就くことになります。彼自身は、文人でしたが、幼い頃から武の方にも非常に関心があり、武芸・兵法もやっておりましたので白羽の矢が立つことになりました。


王陽明の生い立ち】

 王陽明の父王華(1446-1522)は、1481年(成化17年)に科挙を首席で合格した秀才でした。士大夫あるいは、読書人・知識人という、要するにエリート官僚に成るための階級があり、そのような家に生まれます。父の合格当時、陽明はすでに10歳でした。

 以来、朱子学を必然的学ばされますが、それに満足出来ない陽明は、任侠道、武芸、兵法、詩文(文学・芸術)それから仏教道教、大体この5つの道に迷います。王陽明は、仏教、武芸、詩学など、様々な才能に秀で儒学を志し、万物に理が備わっているという朱子学理気二元論を学んでいるとき、庭の竹の理を窮めると称して、七日七晩、竹の前に座り続け、ついに倒れたという逸話が残されています。

 13歳で母をなくし、17歳で結婚して、28歳でいろいろな道に迷っていますのでどうしても受験勉強に集中できないということがあり、3度目の受験でやっと科挙に合格して役人になります。30歳でハードワークと夜遅くまでの独学がたたり、肺病にかかって、転地療養のために田舎に帰ります、そこで初めての挫折を体験します。それでも儒学の勉強を怠ることはありませんでした。

 35歳のとき、宦官劉瑾の独断的な政治を批判する上奏文を、皇帝武宗に提出したが容れられず、劉謹の恨みを買って、ベトナムに近い山奥の龍場という僻地に島流しに遭って、そこから彼の人生が大きく変わっていきます。その左遷の地は、実は食べ物がなく、住む家もない、毒蛇毒虫、風土病が蔓延しているという未開の土地です。犯罪人が逃げ込むくらいの山奥で、漢民族と違う異民族の人々が住んでいました。そこに数名の従者をつれて住み込み、今まで持ったこともない鋤や鍬を手にし、水を汲み、畑を耕し、家を建てる、まさに自然と一体のような生活を始めます。最悪の環境で、当然死への恐怖が出てくると、もう立身出世なんてどうでもいい、そんな中で、道を求めて、日夜静かに座る静座という朱子学でも教える方法ですが、座禅みたいな事をずっとやって、ある日突然に、人は宇宙と一体である、ということを頭でなく心で体得します。この場所が龍場という場所だったので、「龍場の一悟」、と呼ばれるようになりました。最悪の土地で、そこが陽明学発祥の地になりました。今まで気づかなかった朱子学の間違いに気づき、ここで陽明学を提唱することになったのです。

 この地で「知行合一」説を主張し始めます。「先知後行」というのが朱子学の教えだったのですが、それは先に知識を習得して正しい知識を修得したら、行動もおのずと正しくなるのではないか、という考え方です。知を極めた暁に、行動が聖人の様になるんだ、という考え方です。陽明は、知と行、知識と行動でも、思いと行動でもいいでしょうけど、それらはもともと一つのものである、ということに気がつくのです。

 やがて、劉瑾の専横が明らかになり、彼が追放されると、王陽明は県知事に任じられたのを皮切りに、江西巡撫や南京兵部尚書などの高官(検察庁長官のようなもの)の職を歴任することとなりました。治安維持のために奔走する武人としての生涯になっていきます。もちろん、弟子たちとの勉強も欠かしませんが、45歳以降から57歳で亡くなる迄の12年間は、ずっと武人の時代になります。

 1519年には寧王の乱を鎮圧しました。さらに江西巡撫のときには、地方の農民反乱や匪賊の横行に対して、民兵を組織してこれらをことごとく鎮圧しました。48歳のときに皇族の一人がクーデターを起こします。これなどもわずか2週間で鎮圧します。彼は連戦連勝で負けを知らないという戦いぶりでした。指揮、命令だけをするのでなく彼自身も弓を取ったり刀を抜いたりで肉弾戦を試みます。基本的には、少数精鋭で動くという戦い方です。大軍団を指揮して動いたら、敵にその動きが全部筒抜けになるから、自分が最も信頼する弟子達を中心にしてできあがった精鋭の小部隊を率いてって、直接戦うとという方法をとりました。

 50歳の時に陸軍大臣控えという職に就きます。彼の役職では頂点です。「抜本塞源」という言葉も有名で、これも彼が言った言葉ですが、根本から誤りを是正しなければいけないという意味です。彼自身実はとても清廉潔白で、賄賂を一切とりませんでした。戦場となって、荒れ果てた地域には学校を造ったり、被災者や貧民の為に自分の私財をなげうって救済につとめるということで、ほとんど一生貧乏で終わりました。

 彼を非常に煙たがる勢力が皇帝の側近の中にもいました。いろんな非難中傷いやがらせをうけます。私利私欲にかられる連中にとって彼は目障りでした。1527年、広西で大規模な反乱が起きると、王陽明にその討伐の命が下りました。彼は辞退しましたが許されず、病気をおして討伐軍を指揮し、それらを平定しました。帰還命令が出ない中、独断で帰郷を図り、その帰途、病(結核)が重くなって江西省南安の船中で死去しました。

広告を非表示にする