読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイティングスピリッツ

芸能界歴十年以上の元音楽プロデューサーが日々の真実を独特の視点で斜めに斬るブログ。


スポンサーリンク

アメリカで成立した「自家菜園禁止法」


スポンサーリンク

日本では殆ど報道されていませんが、個人や家庭、企業などによる「自給自足の可能性」を根こそぎ破壊するであろう法案が、既にアメリカでは成立しているという驚きの事実です。

「自家菜園禁止法」といった法律が成立するアメリカという国自体が、普通の感覚からすれば、もはや常軌を逸脱していますね。

1年前アメリカで成立した自家菜園禁止法(510法案)がTPP条約締結によって日本を襲う!→「家庭菜園」「道の駅、直売所販売」「種苗の所持」が“犯罪”になる小規模・兼業農業破壊の最終兵器(法律)が出現した!

■米国政府指令に忠実な日本で、いつ法案提出されてもおかしくない世紀の悪法に要注意!

家庭菜園と種子の自家貯蔵を違法化する『食品安全近代化法』

この『アメリカ自家菜園禁止法(510法案)』は、1年前に米国で成立した、あってはならない悪魔の法律=小規模・兼業農家を壊滅させる食糧安全保障の危機です。

司法・立法の分野でも米国隷従を貫く日本政府ですが、この法案には要注意!うかつに家庭菜園を営むと違法行為とみなされてしまう恐ろしい法律が米国で昨年、成立しました。

将来もし日本政府による法案検討を耳にしたら即刻、日本国民全体で激しく抗議して、断固反対、葬り去りましょう。

これにより米国では小規模・兼業農家経営や家庭菜園が違法となりましたが、実のところ私はNY時代、都会のド真ん中にある自宅テラスで家庭菜園を楽しんでいました。

野菜のぬか漬けを絶やさない和食中心の食卓には、新鮮な自家製ナスや胡瓜は欠かせない御馳走。ミニトマトやバジリコも栽培していましたが、昨年の法案成立【自家菜園禁止法(510法案)】によって、都会生活のささやかな自給自足と種苗の保存・使用が“犯罪”として取り締まり対象となる世の中に変わりました。

米国は911直後に成立した愛国者法によって「隣人監視」と密告が奨励されています。テロ防止の名目で、今や密告奨励社会に変容したアメリカ社会。もはや、ささやかな実りを楽しみに身近な野菜を育てる余地すら、生活から奪われてしまいました。

まことに窮屈な社会になったものです。

日本政府が米国の悪法に追随することがないよう、法案監視を怠らないようにしたいものです。

広告を非表示にする